除草剤散布と火炎放射器

  • 2020.07.24 Friday
  • 17:44

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

この時期になると昼間時折聞こえてくる

ウイーン・・・という機械音。

 

部屋の前が駐車場でその奥は畑。

 

この駐車場と畑の持ち主がおそらく一緒。

 

駐車場に草が増えないように除草剤を撒いている。

 

背中にリュックのように薬剤の入ったタンクを背負い、

手に散布のホースを持ち。

 

カーテンを開けてそれを今日見ていた。

 

なにかに似ている。

 

当マンションの敷地内の草が伸びて

自分の駐車場に侵入してくるのが

気に入らないのか、

フェンスによじ登って敷地内の草をのぞきこむ男性。

のぞかなくたって見えるのに。

 

それもなぜだか私の部屋の前。

 

なぜかゾワっとする。

 

なにかに似てる。

 

「火炎放射器を持っている」スタイルと一緒だ!

 

背中に背負い、手に放射口を持って、

火を散布する。

 

わたしは壕の中にいて、

見つからないように静かにしていないと。

 

入口に気づかれたのか、

覗き込んでくる(フェンスに登って覗き込まれる)

 

今日はベランダの掃除をしたかった。

 

でもこの人物がいるので躊躇。

 

バケツに水を入れて、ブラシを持って、出た。

 

関係ない、関係ない、

 

大丈夫、わたしは出られる。

 

出てごしごしと掃除し始めると、なぜか男性、また

近くまで来てフェンスをのぞき込んだ。

威嚇するように。

 

大丈夫、大丈夫、関係ない、

ゴシゴシゴシゴシ。

 

少ししたら男性は車で去った。

 

ベランダのカビ取り、

さっき終了。

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.08.07 Friday
  • 17:44
  • 0
    • -
    • -
    • -