今話題のパニック障害

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 15:05

JUGEMテーマ:依存症・精神障害

 

芸能人が何人か公表して仕事休んだりしてる

パニック障害?

 

元夫もなってたねえ・・・。

 

苦しくなって「死ぬ」とマジで思うとか、

このまま死ぬんじゃないかと恐怖だとか、

息ができなくて苦しいとか。

 

今も当時も、当事者の人の苦しさはわかって

ましたが、

元夫に関しては、同情なし。

 

いまなんて、

「あの発作のとき、そのまま死ねばよかったじゃん」

と思う。

 

「苦しい?」はああ?苦しかったのはこっちだよ、

お前、立場考えて苦しめ、と思う。

 

そんなことぐらいでさわぐんじゃない、

アンタが毎週競馬に賭けてた金額の方が大問題じゃ、ワレ。

あんなこと毎週毎週やってたら、そらパニックにも

なるわな!

どの面さげて「パニック」とか騒げんの、パニックはこっちじゃ!どアホ!

という気分ですね。

 

そして、ここ数日、気づいたことがある。

 

この元夫への消えない憎しみは、

「母」への憎しみであったこと。

 

「転移」してたー。

 

やっと気がついた。

 

母を何回殺してもたいないほど憎んでいる

チャイルドがたくさんいる。

 

会うからね。

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    強制断食?

    • 2018.12.12 Wednesday
    • 12:45

    JUGEMテーマ:スピリチュアル

     

    おととい、セラピストさんから

    これから1〜2週間、新鮮な野菜と果物を多くとるように、

    眠気が来ると思うので、寝るように、体を温めるように、

    と言われ、

    早速野菜と果物を買った。

     

    「なんかの浄化かなあ・・

    寒いのに野菜と果物かあ・・」と思いながら。

    ホッカイロも買った。

     

    昨日、歯医者へ。

    麻酔使っての治療で、予想よりハードだった。

    こんなハードな治療って先生言ってたけ?

     

    わたしは麻酔が効きにくい体質なので、途中で

    何本か麻酔追加されたのだ、ブスブスと。

     

    帰りには左ほおが腫れ、かえって来てもなにも

    食べられない。

    歯磨きしたら、血が大量に・・・

     

    「いかん、明日からしばらく、物食べるのやめよ・・」って

    いうか、食べられない。

    野菜バリバリとか絶対ムリ、

    果物すって飲むしかない。

     

    ・・・・

    ・・・・・・

    強制断食かよ、

    誰かしらんけど、

    なんかやってるでしょっ

    と空中に突っ込んだ。

     

     

    薬飲まないと動けん

    • 2018.12.02 Sunday
    • 17:00

    JUGEMテーマ:スピリチュアル

     

    少し前から出ている「元夫」(ギャンブル依存)系の

    体の痛み。

     

    これでもうずっとぼんやり、イタイイタイの毎日。

     

    どうやら私はこの表層では「オエッ」と思っている

    元夫を好きで好きでしょうがなかったらしい、

    という過去世があるらしい。

     

    ああ恥ずかしい。

     

    恋は脳の病気と説明されたけど、恥ずかしい。

    あんな男に惚れてたなんて。

    穴があったら入りたい。

     

    そこでメタメタに暴力を受けている、らしい。

    樹木希林さんか。

     

    一人は昇天していないですと言われたから、

    傷がもとで死んだか、殺されたのか。

     

    だから今は体中がいたくて、

    頭はぼんやりして、

    動けない。

     

    久々にしんどい。

     

    あまりにしんどくて、さっきイヴ飲んだ。

     

    物を減らしたくて、ネトオクに出品したいから、

    がんばって写真撮るのだ。

     

     

    ガラス張り

    • 2018.11.11 Sunday
    • 22:43

    JUGEMテーマ:スピリチュアル

     

    昨晩見た夢。

     

    高い建物。

    誰かの結婚式?卒業式?2次会?のような、

    人が集まる催し。

     

    エレベーターのようなものに乗って、

    もの凄い上の階につく。

     

    奥行、50センチくらしかない床、

    横に長細くて、ずーっと続いているような。

     

    全てがガラス張り、床も、天井も、前も後ろも。

    その上、動くたびにガタガタと揺れる。

    足元がおぼつかなく、ビクビクしながら動く。

    ガラス張りなので、骨組みのようなものも見える。

     

    高さもすごくて、ちょうど、東京タワーの上部のような。

    四方がガラスなので、天空にいる感。

     

    コワイ。

     

    スーツ姿の中年男性、紳士的、というか、

    ホテルマンのような。

     

    私はなぜか受付業務のような感じで、

    手続きで動かないといけないが、

    そのたびに揺れて揺れて、

    足元のガラスがゆらゆら、壁もゆらゆら横に揺れ、

    動くたびにビクビク。

     

    高校の同級生一団がめかしこんで団体で

    やって来る。

     

    その子たちと、エレベーターに乗って、階下へ行くことに。

    エレべーターは頑丈そのもの。

    私はゆらゆらから解放されてホっとして。

     

    ドアが閉まる瞬間、同級生の一人、

    私が仲良かった子が、エレベーターに乗ろうと

    走ってきた。

    エレべーターは、なぜか下降する前に、

    後方へギュンと下がった。

    それまでいたガラス張りの廊下とエレベーター入り口の間が空間になる。

     

    ドアが閉まる瞬間、走ってきた子が、

    エレベーターに間に合わず、

    落ちた。

     

    私たちの乗ったエレベーターは、もう下降していた。

     

    エレベーター内に映像?が移り、落ちていく友人。

     

    私は悲鳴を上げた。

    が、落下した先は水面になっていて、友人は助かる、

    はあ・・と胸をなでおろした。

     

    場面が変わって、江戸時代のような、木造の塀が並ぶ道。

    そこのどこかへ行こうとしてる?

     

    用事が終わったのか、

    場面はまたゆらゆら、がたがた、のガラス張りの

    細長い建物の中。

    紳士もまたいる。

     

    揺れる、ガタガタ。

    怖がるわたし、なにをするのもこわい。

    崩れるんじゃないか、このガラス、と。?

     

    目が覚めても、

    まっさかさまに落ちた友人が気になっていた一日。

     

     

    なにを着たらいいのかさっぱり

    • 2018.11.11 Sunday
    • 18:05

     

    着たい服がない。

    ハンガーラック見て、

    今まで買った服を眺めて、

    ない。

     

    別に仕事してないんだから、

    なんでもいいのだけど、

    なにが、どういうのが好きだか、分からない。

     

    東京行くのにナニ来ていくか、

    厚着になると荷物だし、

    かと言って、薄目の今時期もの、がないな。。

    と悩んで、服を買いに行った。

     

    結局、バスで行くし、ラクなのがいいな、

    とパーカーとワンピースを買った。

     

    年齢に合ってるのか?

    これは考える必要あるのか?

    自分に合ってるのか?

    合っているというより、着ててラクか?

    なんとなく気分上がるか?かな?

    うーん・・・イマイチ分からないけど、

    ラクはラクそうだから、いいとした。

     

    パーカーでちょっと悩んだ。

    5500円の、某ブランドのやつ、

    大きさと布地感が良かったんだけど、

    値段が予算オーバーだし、前に大きなロゴが入ってる。

    でボツ。

    結局、某ファストファッションの、

    なんて書いてあるかわからない英字が控えめに入ってるモノにした。

    2900円。

     

    二つで7000円。

    ス二ーカー、今履いているのに、穴が開いた。

    買いたいけど、まだまだ履ける。

    洗ってこれをまだ履くことにする。

     

    ネコの毛が付くから、スウエットっていいな。

    カーデとか、毛が目立って面倒だ。

    なのに、やたらカーデガンがあるから、

    減らそう。